病院の選び方

マウスピース矯正って大丈夫?

マウスピース矯正の宣伝文句を最近見かける機会が増えてきました。ワイヤーと違って手軽にできそう、見た目にも影響がなさそう、安そう…といいことづくめな気がします。

本当にマウスピース矯正って大丈夫なのでしょうか?

答えは「病院を選べば大丈夫」です。

マウスピース矯正にも種類がある

マウスピースと女性

オススメのマウスピース矯正は、「インビザライン・ジャパン社のマウスピース矯正」です。「インビザライン・ジャパン社のマウスピース矯正」は、ただのマウスピースではありません。

米国のアラインテクノロジー社が1999年より提供を開始。そもそも何千億ドルという予算をかけられて作られた精巧な矯正装置で100か国700万人以上が使用しており一番オススメです。他の会社もインビザライン・ジャパン社のマウスピース矯正に対抗しようと頑張っていますが、まだインビザライン・ジャパン社のマウスピース矯正ほど良いものはでてきておりません。

インビザライン・ジャパン社のマウスピース矯正について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

安すぎるマウスピース矯正には注意

悩む女性

ただし、注意が必要です。「マウスピース矯正2万円から」とか安すぎる矯正治療を最近見かけます。それらは、最低料金のもの。もともと歯並びがよい人が1、2本治しただけの料金だったりします。結果、オプションがかさんで100万円近くかかってしまったり…。また、前歯の何本か見えるところだけ矯正して終わりなどのトラブルも見かけています。

経験の少ない歯医者が成長のために安く提供していることもあります。大事なことは、マウスピース矯正であっても、矯正歯科で、きちんと認定医など経験の豊富なドクターに頼むことです。

マウスピース矯正だけで済まないことも

マウスピースとワイヤーを持つ人

矯正法によって、不得意・得意があります。マウスピース矯正で出来ないことは実は少ないのですが、ワイヤーよりも「時間がかかる」ケースもあります。ワイヤーと併用して奥歯はワイヤー、前歯はマウスピース、とすることもあります。そうなると経験豊富な歯科医でないとその見極めは難しいと言われています。

矯正にはワイヤー(ブラケット)、裏側矯正(リンガル)、アンカースクリュー、マウスピースなど、多様な治療法があります。そして、それぞれ単独ではなくて組み合わせて使うことで様々な効果を生むわけです。矯正治療は歯科と患者との二人三脚です。自分の希望を伝えてよりよい提案を頂ける先生をお選びくださいね。

矯正の種類について、詳しくはこちらの記事も合わせてご覧ください。

その他の病院の選び方