病院の選び方

担当する先生が非常勤or常勤かをチェックしよう

矯正治療を行う病院・クリニックには、さまざまな治療体制のタイプがあります。

その中でも、歯列矯正をスタートされる際に知っておくと有益なのが、担当する先生の勤務スタイルが常勤/非常勤どちらなのか、です。

ここでは、患者さんの目から見た非常勤ドクターと常勤ドクターのメリットとデメリットについてそれぞれ解説していきます。

非常勤ドクターのメリット・デメリット

メリット

・虫歯や歯周病、抜歯にも対応可能なケースが多い(一般歯科医院における非常勤ドクターのケース)

デメリット

・予約が自由にとれない
・突発的なアクシデントに対応できない
・経験不足のドクターにあたることが多い
・対応可能な症例や歯並び、矯正装置が限られる

解説

実は、多くの一般歯科医院では、非常勤の専門医が矯正治療を担当しています。業界では”飛行”を意味する「フライト」と呼ばれています。

問題点は技術以前にも、専門医が不在の日では突然の痛みや矯正器具の破損に対応できない点等があるため注意が必要です。

また、非常勤ドクターの臨床経験や医療設備の不足から、対応可能な症例や歯並び、矯正装置が限定されてしまうことも珍しくありません。

他方で、虫歯や歯周病、抜歯といった治療も並行して行うことが出来るという一般歯科医院ならではのメリットもあります。

なお、一般歯科医で治療を行なっている非常勤の専門医は、大学病院の研修ドクターや大学院生、フリーの歯科医が数件の病院・クリニックをアルバイトで掛け持ちしているケースが少なくありません。

つまり、若い医師が経験を得るためにフライトで実績を積むこともあれば、実績ある医師が渡り歩いている場合もあります。

それゆえに、経験と知識を兼ね備えた医局長クラスの専門医が非常勤で治療にあたることもなくはないのですが、非常勤のドクターで治療をスタートされる際は、事前に認定医の資格の有無と臨床経験を確認されると良いでしょう。

非常勤ドクターのケースとしてもう一つ考えられるのは、矯正治療専門の病院・クリニックを受診して非常勤のドクターが患者さんの担当医となる場合です。

このような事例では、非常勤ドクターと言えど、歯列矯正に対する専門的な技術と知識に長けた矯正医であることがほとんどですが、予約が自由に取れないためスケジュール調整がしづらいというデメリットが生じてしまいます。

常勤ドクターのメリット・デメリット

メリット

・予約がとりやすい
・幅広い症例を治療することが出来る
・突然の痛みや矯正装置の破損にも対応可能

デメリット

・費用が高額になるケースが多い

解説

矯正専門医院は、日本矯正歯科学会が認定する歯列矯正治療の資格を持つ矯正認定医が開業しているケースが多く、専門医が常勤しており、幅広い症例の治療が可能です。

患者さんの担当医が常勤ドクターであるならば、診察日が多く確定的であるため、予約が取りやすいというメリットもあります。

また、突発的な歯の痛みや矯正装置の不具合にも臨機応変に対応可能なため、十全な歯列矯正のサポートを受けることが出来ます。

反対にデメリットとしては、コスト面で一般歯科による矯正治療より高額になる可能性が高い点が挙げられます。

なお、一般の歯科医院では、(専門医ではない)常勤の一般歯科医が矯正治療を担当する場合があります。

そようなケースでは、前述のように虫歯や抜歯などその他の治療を並行して行えるメリットがありますが、対応できる歯列矯正の症例や歯並びが限定される可能性(子どもの矯正や、簡単な歯並び等)が高くなります。

矯正認定医が一般の歯科医院で常勤している場合も多くありますが、歯列矯正のプロフェッショナルといえど、設備が整っていないがために治療が限定されてしまうデメリットは否定できません。

そのため、質の高い矯正治療を希望される場合は、矯正専門医院での治療を選択された方が無難と言えるでしょう。

まとめ

上記のように、一口に非常勤/常勤といってもその診療ケースは様々です。

一般的には常勤ドクターの方が、予約の取りやすさ、治療バリエーション、突然のアクシデントへの対応と言った点で患者さんにとってメリットが多い傾向にあります。

しかしながら、歯列矯正の専門医として豊富な経験と高度な技術を持つ非常勤ドクターがお近くの病院・クリニックで診療していたり、常勤ドクターがいる矯正専門の病院・クリニックがない地域もありますので、それぞれのメリットとデメリットを比較されてから病院・クリニック選びをされることが大切です。

いずれにせよ、近くに矯正専門の病院・クリニックがある場合、初診カウンセリングを受けて自分に合ったドクターを見つけるように心がけると良いでしょう。

その他の病院の選び方