治療について

矯正治療中に食べやすいもの、おすすめなもの

更新日:2021/05/28

矯正治療中は、推奨されない食べ物があります。特にワイヤー矯正では食事によって装置が壊れてしまうこともあります。

ただでさえ、矯正治療中は食べにくさを感じて食事に制限が付き体重を落とす、栄養不足になってしまう人が多いです。

私は最初自分の中では食べられると思っていたパンやレーズンサンドのようなお菓子を食べようとしてその痛さにびっくりしてしまい、体重が1kg落ちてしまいました。そこでワイヤー矯正中でも食べられるオススメなものを紹介します。

矯正治療中のオススメ食事:液体のもの

矯正治療初期は装置が口の中にあって違和感があります。また、痛みも相まってろくに食欲がわかないという人も多いでしょう。

そこで最初にお勧めなのが液体です。特に飲むカロリーメイト、スープ、飲むヨーグルトなどがオススメです。

スープは具が大きいビーフシチューやボルシチのようなものは最初は肉の繊維質がひっかかって食べにくいかもしれません。最初は具が小さいかあまりないものを選ぶと良いですよ。

私はコーンスープ、ミネストローネから始まりクラムチャウダー、カボチャのスープとグレードアップしていきました。スープメニューが豊富なサイゼリヤのようなファミレスにも助けられました。

矯正治療中のオススメ食事:ゼリー状のもの

液体の食事に慣れてきたら次におすすめなのはゼリー状のものです。

というとオレンジやぶどうなどスイーツに偏りがちですが、飲むタイプの栄養補助食品(カロリーメイトやINゼリー)は気軽に栄養を補えるのでオススメですよ。

似たようなもので杏仁豆腐、愛玉子(オーギョーチー)、ココナッツミルクとバリエーションを持たせると飽きがきません。どうしても毎日スープとゼリーだと飽きてきてしまい、私はKALDIにいって何か新しいものがないか常に探していました。

矯正治療中のオススメ食事:柔らかいもの

ゼリーや液体に慣れてきたら柔らかいものに挑戦してみましょう。

茶碗蒸し、お豆腐、煮魚、おかゆなどが最初にお勧めです。どうしてもゼリーや液体のものだと甘いものが多くしょっぱいもの、辛い物が恋しくなりますよね。

うどんやパスタも料理用はさみで短く切れば食べることは難しくありませんでした。どうしても1食あたりの時間がかかってしまいますが、甘い物から解放されてパスタを食べた時の美味しさは今でも忘れていません。

また、痛みには個人差があります。どうしても痛い場合は赤ちゃん用の食品や、介護食品と呼ばれているピューレ状になっているレトルト食品が重宝します。歯茎でつぶせると書いてあるものが目安になります。

備蓄にもいいので置いておくと便利ですよ。

料理をおいしく食べたいならマウスピース矯正

マウスピース矯正では食事の最中はマウスピースを外すので食事制限がありません!矯正治療中もおいしく食事をしたいならばマウスピース矯正がオススメですよ。

矯正治療前には、信頼できる矯正歯科医に自分の希望を相談してみてくださいね。

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 治療中のお役立ち情報

タグ: 歯列矯正 矯正の実体験

関連記事

リテーナー生活のマストアイテム「リテーナーシャイン」

治療が終わったあとの総仕上げの作業である「リテーナー(保定装置)」。 歯には自然に元の位置に…

たかが2mmされど2mm。だから矯正治療は信頼できる歯科医院へ

皆さん突然ですが美容整形で最も変わると言われる骨切、あれはどのぐらい切っていると思いますか?…

子どもの矯正治療について

「歯並びが気になるけど、痛い思いをさせるのは……」「乳歯の段階での歯並びの悪さは大丈夫?」な…

おすすめ医院