治療について

GP矯正ってなに?

更新日:2021/12/25

GP矯正とは、一般歯科医が行う矯正治療のことです。以前は、矯正治療といえば矯正歯科医によって行われるものでしたが、近年、マウスピース型矯正装置の普及により一般歯科医師によるGP矯正が増えています。

GP矯正の推移

GP矯正の推移(グラフ)

GPとは一般歯科医のことを指す

General practitionerの略で、日本語に訳すと一般歯科医です。一般歯科医とは、虫歯や歯周病の治療など歯科治療全般を広く行う歯科医師のことです。反対語は専門医です。例えば、歯周病専門医や矯正専門医などの特定の治療域を専門的に行う歯科医師などのことを指します。

GP(一般歯科医)とOrthodontist(矯正医)の違い

GP(一般歯科医)は、表の通り、むし歯治療をはじめとするありとあらゆる歯科治療を行います。一方、Orthodontist(矯正歯科医または矯正専門医)は矯正のみを専門的に行います。

GP(一般歯科医)Orthodontist(矯正歯科医)
治療範囲むし歯治療
歯周病治療・予防
根管治療
入れ歯
インプラント
補綴治療
ホワイトニング
矯正
矯正

GP矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 矯正以外の歯の知識、臨床経験があるので、歯並び以外の問題も同時に解決してくれる
  • 矯正歯科医より安価な治療費設定をしていることが多い

デメリット

  • 症例数が少ないのが不安点
  • 難症例に対応できない
  • リンガル矯正など高度なワイヤー矯正ができない

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 矯正歯科コラム

タグ: 矯正治療の豆知識

関連記事

矯正治療のプロセスについて

矯正治療をスタートさせるにあたって、事前からそのプロセスを把握していることは、とても有意義で…

矯正専門医院の先生に訊いてみた!一問一答③

「これまで診た患者さんの最高年齢は?」「治療をしていて嬉しい瞬間はいつ?」「歯科医師になった…

矯正が終わった後のリテーナーはいつまで使い続ける?しなかったら歯が戻るって本当?

矯正治療が終了しても、歯並びをキープするために「リテーナー」と呼ばれる保定装置を使用するのが…