治療について

矯正のオメガループとは?オメガループの目的、注意点

更新日:2022/12/07

オメガループとは

まず、ループという言葉をご存知でしょうか?矯正治療において、“ワイヤーをループさせる”という言葉をよく使用しますが、ループとは“曲げる”ことを意味します。ループには、ワイヤーを曲げて“戻ろうとする力”を利用することで、歯も一緒に引っ張るという役割があります。

ワイヤー矯正治療では、患者さん一人ひとりの歯の表面の形状、前後左右の傾きなどに合わせ、ループを作る場所や形などを変えることでさまざまな歯の動きに対応することができます。このように、その人に合ったフルオーダーメイドの矯正治療が可能になりますので、矯正治療におけるループは非常に重要な技術となっています。
また、ループにはいくつか種類がありますが、その中に“オメガループ”があります。オメガループとは、ワイヤーに組み込む基本的なループの一つで、オメガ記号(Ω)に形が似ていることからオメガループと呼ばれています。

オメガループの目的

オメガループはどのような目的でワイヤーに付与されるのかというと、“オメガ状に作ったループ”が元の形に戻ろうとする力を利用し、主に抜歯した隙間を閉じたり、奥歯が前方に引っ張られるのを止めたりするストッパーのような目的で使用されます。このように、目的によりループの形や付与する場所変えることで、さまざまな力を発揮することができます。

オメガループのメリット

オメガループのメリットを見ていきましょう。ループに共通して言えることでもありますが、

歯を抜かずに治療することができる

歯が並びきらない場合、従来の治療法では抜歯を選択していましたが、ループを用いたワイヤー矯正治療の場合、歯を支える顎の骨自体を治療しながら大きくしたり、歯を後ろに動かしたりしてすき間を作っていき、歯が入るスペースを作ります。ループを使うと歯を1本1本ゆっくりと動かしていくことができるため、無理な強い力がかからず歯を抜かない矯正治療が可能になります。

従来の矯正治療に比べ、治療期間が短くなる場合がある

ループを用いたワイヤー矯正治療期間は、早い場合は6ヶ月から1.5年ほどと言われています。従来の装置と比べ期間が短い多くの理由は、ワイヤーの形によるものです。ループを取り入れた治療の場合、先ほど述べたように非抜歯での治療も可能となるため治療期間の短縮にも繋がります。

アンカースクリューを使用しなくても良い可能性がある

患者さんの症状や希望の治療結果にもよりますが、オメガループの力だけで十分な効果を得られた場合、アンカ
ースクリューを使用しなくても良い可能性もあります。

しかし、ループによるワイヤー矯正治療は、患者さんの症状に合わせて、1本のワイヤーからループの形をオーダーメイドで作るため、専門の技術と豊富な経験を持った医師のもとで治療を受けることをおすすめします。

オメガループのデメリット

オメガループのデメリットについては、“オメガループが歯茎や頬、唇に当たること”が考えられます。オメガループがワイヤーに付与され、元に戻ろうとする力により歯が動いてくると、オメガループが歯茎に食い込んだり、頬や唇の粘膜に当たってきてしまう場合があります。ワイヤーの力は強いので、自分の手で元に戻そうとしてもなかなか戻りませんし、もしかするとワイヤーが変形してしまったり、折れてしまったりする可能性もあります。オメガループが歯茎や粘膜に食い込んだり当たっていても痛みを全く感じなく当たっていることに気づかない方もいますが、もしも痛みがあったり当たっている部分が腫れている、出血がある、という場合には装置の破損や怪我を防ぐため自分の手で戻さずに、すぐに歯科医院に相談しましょう。

オメガループが当たって痛い時の対処法

もしも先ほどのように痛みがある場合にすぐにできる対処法としては、“ワックス”と言われる歯科矯正用粘膜保護剤の使用をおすすめします。ワックスを米粒大~小豆ぐらいの大きさにちぎった後、ワックスを付けたい部分の水気を拭き取り、ワックスをゆっくりと押し込むと取れにくくなります。ワックスを付けることで当たる部分の痛みが緩和されるので、歯医者になかなか行けない方におすすめです。しかし、ワックスの使用は一時的な対処法に過ぎないので、もしも引き続き痛みがあったり気になるようでしたら歯医者を受診し改善してもらうことをおすすめします。

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 矯正治療の方法

タグ: 矯正治療の豆知識

関連記事

「拡大床(かくだいしょう)」って何?

矯正治療をはじめると、聞きなれない単語を耳にすることが多くなりますよね。 そこでオルソペディ…

3歳でも矯正可能?「ムーシールド」って何?

これまで耳にしたことのない言葉や、目にしたことのない装置に接する機会が多い歯の矯正治療。 オ…

セラミック矯正のメリット・デメリットについて

みなさんは、「セラミック矯正」をご存知でしょうか? 「セラミック矯正」とは、ブラケット(金属…

おすすめ医院