治療について

セラミック矯正のメリット・デメリットについて

更新日:2021/05/27

みなさんは、「セラミック矯正」をご存知でしょうか?

「セラミック矯正」とは、ブラケット(金属ワイヤー)やアライナー(マウスピース型の装置)で歯を移動させるのではなく、元の健康な歯を削って被せもの(セラミック)をすることで見た目を改善する矯正治療の方法です。

治療ケースとしては、笑ったときに見える六本の前歯を処置することが多くなっています。

矯正歯科の先生に聞いたところ「ずばり、お勧めしない」という返答が。

非常に大切なことであるため、あらかじめ治療の注意点についてお伝えすると、まっすぐ見せる被せものをいれるために無理矢理に健康な歯を削る治療法であるため、元の歯や歯茎が脆くなるだけでなく、周囲の歯や神経にも大きな影響を与えることが少なくありません。

また、一般的な歯科ではなく、美容整形のクリニックの歯科部門が考案したものであり、歯科の学問においては「セラミック矯正」という言葉は存在しません。したがって、実情としては「歯の治療」ではなく「歯の整形」に近いものがあり、そのように認識された方が患者さんのイメージとしても分かりやすいかもしれません。

ここでは、「セラミック矯正」のメリットとデメリットについて、それぞれ詳しくご紹介しますが、「セラミック矯正」ならではのメリットがある反面、一生取り返しのつかない歯のリスクをともなう治療法ですので、その点を十分に留意しながらご一読いただけると幸いです。

セラミック矯正のメリット

治療期間が短い

「クイック矯正」「スピード矯正」とも呼ばれるセラミック矯正の最大のメリットは、ワイヤー矯正やマウスピース矯正に比べて治療期間が大幅に短い点。

歯列を移動させる矯正治療では、どうしても数年単位の治療期間が必要(歯の適用範囲、歯並びの状態にもよる)ですが、セラミック矯正では通常2〜3ヶ月程度で治療が完了します。下の歯にガタガタや八重歯が見られるような歯並びであってもすぐに治療を終えることが可能です。

そのため、どうしても短期間で治療を完結させる必要がある方にとっては、非常にありがたい治療法であると言えるでしょう。

ただし、近年ではマウスピース矯正でも「オーソパルス(光加速矯正装置)」というデバイスを歯に当てることよって、治療期間を短縮させる方法も登場しているので、そちらもあわせて検討されると良いでしょう。

見かけがキレイ

外見の美しさもセラミック矯正の特徴の一つです。光の透過や反射が自然なセラミックという材質は、現在歯科で使用されている材料のうちもっとも審美性に優れたものになっています。

また、女性的な丸い形の歯、男性的な少し角張った歯、周囲に違和感なく溶け込んだ歯など、かぶせる歯の色・形をオーダーメイド感覚で自由に選択することが出来ます。そのため、歯並びと歯の黄ばみ・着色を短期間のうちに同時並行で改善したい人にとっては、魅力的な治療といえるかもしれません。

ワイヤー矯正、マウスピース矯正でも、治療期間中にホワイトニングをすることで歯の色を変えることができますが、ホワイトニングで得られる自然な白さは「芸能人のそれ」とはまた別です。なので、芸能人のような白い歯が好きな人はセラミックが必要になります。しかし、矯正歯科医に聞いたところ「ト〇レのような人工的な色で好きでない」という人が多く好ましい反応ではなかったです。

アレルギー反応を起こさない

ニッケル、クロム、コバルトなどの金属を使用した矯正治療は金属アレルギーのある方にとっては禁忌です。

とくにニッケルに関してはブラケットやワイヤーに使われることが多く注意が必要です。アレルギー反応のないセラミックは、どなたでも安心して使用することが出来ます。

ただし、金属をいれない矯正治療には、セラミックブラケット(セラミック矯正ではなくセラミック製のブラケットを使用した矯正)やマウスピースを使用したものなど他にも多くの選択肢があるので、金属アレルギーをお持ちの方は必ずそちらの治療法も考慮に入れるようにして下さい。

味覚の変化がない

歯に金属をいれると、酸味の強いものを食べたときに味覚の変化を感じやすくなります。

というのも、金属には微細なガルバニー電流が流れており、それが味覚センサーに影響を与えてしまうからです。

イメージとしては、アルミホイルをかじった様な嫌な感じを想像していただくとわかりやすいかもしれません。

ブラケット(金属ワイヤーの矯正装置)と違って、セラミックは電流が流れることがないため、これまでと同じよう様に食事を楽しむことができます。

ただし、金属をいれないセラミックブラケット(セラミック矯正ではなくセラミック製のブラケットを使用した矯正)やマウスピースを使用した矯正治療でも、同様のメリットを享受することができます。

セラミック矯正のデメリット

 歯を削る必要性がある

セラミック矯正の最大のデメリットは、健康な歯を削らなくてはならないことです。一度削ってしまった歯は二度と元に戻りません。

また、歯を削ることにより、神経を覆う象牙質とよばれる層が露出し、冷たいものや熱いものでしみが生じやすくなります。

くわえ、象牙質はエナメル質(歯の表面)に比べて柔らかく細菌やウイルスに弱いため、治療に精度が低いと隙間の部分から発生する虫歯のリスクも高くなります

 場合によっては抜歯、神経を抜かなくてはならない

虫歯、歯周病の症状が見られたり、歯を並べるスペースがないような場合では、抜歯が必要となる場合もあります。

また、セラミック矯正は、元の歯を削るだけでなく、その生えている向きも強制的に変えてしまう治療法であるため、結果として神経を取らなくなってしまうことも少なくありません。

神経を取ると歯が脆くなり、最終的にその歯が抜歯になるリスクも必然的に高くなります。

虫歯や歯周病ならともかく、健康な歯を審美的な理由から大きく削り、神経までとってしまうことは想像以上に大きなデメリットです。必ず、十分に注意された上で治療を選択されるよう心がけてください。

加齢ともに歯茎の黒ずみが現れる

歯茎は加齢とともに退縮する(上の歯茎は下がり、下に歯茎は下がり)ため、使用年数が長くなっていくにつれ、セラミックで被せた部位の境界面が次第に目立つようになります。それにともない、使用したセラミックやセメント、土台部の種類や品質、治療の精度によっては、歯茎の黒ずみがあらわれ審美面を損ねることもあります。もちろん天然の歯では、加齢による退縮があってもそのようなことは起こりません

周りの歯に悪影響を与える

セラミック矯正では、一部の歯のみを強制的に整えることで、上下の歯の噛み合わせが悪化してしまうケースが少なくありません。

内側に入っている歯を無理やり外側に出したりと、本来の歯の生えていた方向とは異なる方向に外的な力が加わるため、おのずと周囲の歯が支障をきたすリスクも大きくなります。

見た目の歯並びだけを整える治療ではこのようなデメリットが生じることになるので、しっかりとご自身の噛み合わせを考慮した上で治療のプラニングを行うことが大切です。

割れたりかけたりする

審美性の高さはセラミック矯正の大きな魅力ですが、決して永続的なものではありません。

セラミックは、銀歯やレジンといった材質に比べると高い強度があるものの、人工物ですので天然の歯よりは強度は弱くなります。

一般的には、10年持ったら良い方だと考えてください。

強くものを噛んだり、物がぶつかったりと、持続的に使用しているうちに割れたり欠けたりすることは、想定しなけらばならないリスクの一つです。

そのような場合は、部分的な修理ができないため、一から新しい被せもの(セラミック)を作成する必要があります。

まとめ

治療期間の短さが大きな魅力である「セラミック矯正」ですが、それが原因で将来入れ歯になってしまったら元も子もありません。

健康な歯を削ることで生じるリスクやデメリットは患者さんの想像以上に大きいものがあるため、正直なところ歯科医の立場からすると通常の矯正治療で歯並びを整えてほしいというのが本音です。

とはいえ、患者さんにもいろいろなご事情がおありのことと存じておりますので、将来後悔しないためにも本記事を参考に治療を検討していただければ幸いです。

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 治療の方法

タグ: セラミック矯正 歯科矯正 治療期間

関連記事

子どもの矯正治療「費用はどれくらい?」

成長途中にあり、いろいろと判断の難しい子どもの歯並び。お子さんの矯正治療で悩みを抱えている親…

子どもの矯正 「早めに治療をスタートさせたい三つの歯並びについて 」

「歯並びが気になるけど、痛い思いをさせるのは……」「乳歯の段階での歯並びのわるさは大丈夫?」…

知っておきたい!食事と歯並びの深い関わり

知っておきたい!食事と歯並びの深い関わり

食事と歯並びには深い関連性があることをご存知でしょうか? 近年では、食の欧米化によって、やわ…

おすすめ医院