矯正の基礎知識

矯正治療のメリットとデメリットについて

ここでは、現在、矯正治療の主流になっている「ワイヤー矯正」と「マウスピース矯正」のメリットとデメリットについて、それぞれの特徴や違いについて簡潔にまとめながら、解説していきます。

自分にぴったりな矯正治療を探す手引きとして、ぜひご一読下さい。

ワイヤー矯正

メリット

・自分で装置を管理する必要がない
・複雑な歯並びにも使用することが出来る
・そのため、確実な治療ができる

デメリット

・矯正治療が目立ってしまう(裏側矯正では目立たずに治療可能)
・痛みが発生しやすい
・ガムやキャンディ、お餅など粘度の高い食べ物、口にすることが出来ない
・歯磨きがしづらく、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまう

まとめ

ワイヤー矯正の最大のメリットは、ほとんどの患者さんの歯並びに対応することが出来る適用能力の高さです。

後述のマウスピース矯正は、極度に歯並びのわるい方や、出っ歯の方には不向きな治療になっていますが、ワイヤー矯正ならば抜歯をすることなくほぼ全ての患者さんに使用することが出来ます。

装置を外す必要がないので、マウスピースのように紛失してしまったり、自己破損したりすることもありません。

マウスピース矯正に比べ、歯の移動速度がはやいことも大きな魅力です。

その反面、デメリットとして多くの方が挙げられるのは、ワイヤーで歯を引っ張ることで治療するため痛みが発生しやすいことです。

また、ブラケット(矯正装置)の周りに汚れや食べかすが溜まりやすいため、虫歯や歯周病を予防するためには、入念な歯磨きが必要です。

食事に関する禁則事項としては、ガムやキャンディ、お餅など粘度の高い食べ物はブラケットに付着してしまうため口にすることが出来ません。また、極度に硬い食べ物もブラケットが外れやすくなるため注意が必要です。

マウスピース矯正

メリット

・矯正装置が目立たない
・痛みが少ない
・取り外すことができる
・追加料金が発生することが少ない
・食事や歯磨きがしやすい

デメリット

・1日20時間程度、装着していなければならない
・重度の出っ歯(上顎突出)・歯並びのわるさ(叢生)など、抜歯が必要なケースは不向き
・食事のたびにマウスピースの取り外しが必要

まとめ

マウスピース矯正の特徴は、なんといっても装置が目立たないこと。他人に引け目を感じることなく治療することが出来るのは、大きな魅力です。

また、治療のスタートと同時に完了までのプログラムを設計するマウスピース矯正には、何度でもアライナー(矯正装置)を作成することが出来るため、歯型の採取や装置の調整料に関する追加料金がほとんど発生しないメリットもあります。

歯磨きや飲食に関しては、マウスピース矯正にとってメリットでもありデメリットでもあります。矯正装置を取り外すことができるため、咀嚼時や歯磨きの際に違和感がない反面、食事のたびにマウスピースを取り外し、再度装着する前には歯磨きが必要という一手間も発生します。外食や間食が多いライフスタイルの方は、悩みどころかもしれません。

注意しておきたいデメリットは、抜歯が必要なほどの出っ歯(上顎突出)・歯並びのわるさ(叢生)が見られる症例には、マウスピース矯正を適用することが出来ないこと。1日20時間以上という装着時間長さも、患者さんのライフスタイルによっては短所となります。

また、コーヒーやワインなど色のついた飲み物に関してもマウスピースが着色してしまうため、口にする際は装置の取り外しが必要となります。

この記事の監修者一覧

大宮SHIN矯正歯科院長 矢野晋也

2001年日本大学歯学部卒業、2006年同大学院卒業。
2008年日本大学歯学部専修医、2010年日本大学助教、2013年大宮にSHIN矯正歯科開業。
日本矯正歯科学会認定医・マウスピース型装置(インビザライン)・ダイアモンドプロバイダー他。

大宮SHIN矯正歯科へ

その他の基礎知識