治療について

インビザライン社のマウスピース矯正の記録をするなら「Try Minder」がオススメ

更新日:2021/06/11

インビザライン社のマウスピース矯正(以下、インビザライン)は、マウスピースと言う特性を生かし「食事の制限がない」「取り外しが可能」「歯の中を傷める心配が少ない」など歯列矯正につきもののデメリットが少ないのが特徴です。

一方で「自分で取り外せてしまう」「マウスピースの交換時期を忘れる心配がある」ともいえます。いい加減な性格、だらしない人は向いていないと強制力のあるワイヤー矯正を選ぶという方もいるでしょう。

しかし、今の時代はもう心配無用です。 「Try Minder」というインビザライン専用の管理アプリ があるからです。

「Try Minder」の初期設定

アプリをインストールすると初期設定をする必要があります。

  • どのようなマウスピースを着用しますか?
  • マウスピースの合計枚数は?
  • 各マウスピースは何日間着用しますか?
  • 現在のマウスピースは何番?
  • 現在の番号のマウスピースをすでに着用した日数は?
  • マウスピース交換のリマインダー設定時刻は?

ちょっと煩わしいかもしれませんが初期設定さえしてしまえばあとは簡単です。

マウスピースの交換時期を設定できる

 

「Try Minder」の機能の1つがマウスピースの交換時期を設定できることです。

例えばリマインダーでいつ取り換えるのか通知を出すことができます。

 

歯の状態を自撮りで確認できる

 

歯の状態を自撮りで確認することができます。日々の変化がわかるのでモチベーションがあがりますよ。

ほかのカメラアプリとの違いは歯並びを合わせるためのガイドがあることです。

さあ、「Try Minder」を使ってみませんか?

app storeで見る

google storeで見る

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 治療中のお役立ち情報

タグ: アプリ インビザライン・ジャパン社のマウスピース矯正 マウスピース マウスピース矯正

関連記事

リテーナー生活のマストアイテム「リテーナーシャイン」

治療が終わったあとの総仕上げの作業である「リテーナー(保定装置)」。 歯には自然に元の位置に…

矯正治療中に食べやすいもの、おすすめなもの

矯正治療中は、推奨されない食べ物があります。特にワイヤー矯正では食事によって装置が壊れてしま…

矯正中に最適な歯ブラシはこの形!

矯正治療をいざ始めたら最初に悩むのが歯磨きです。どうしてもブラケットやワイヤーと歯の間に汚れ…

おすすめ医院