治療について

金額はいくらくらいかかるの?

更新日:2021/02/01

矯正治療にかかるお金 一般的なコストの目安

歯列矯正を希望される患者さんにとっていちばんの気がかりである「治療のお値段」。

ここでは、現在における矯正治療の主流となっている「ワイヤー矯正」「マウスピース矯正」にかかる一般的なコストの目安についてご紹介します。

矯正治療の料金は、「表側矯正」、「裏側矯正」、「部分矯正」か「全顎矯正」という治療の適用範囲や患者さんの歯並びの状態によって変動いたしますが、おおよそ下記の価格帯におさまることになるでしょう。

ワイヤー矯正にかかるコストの目安

表側矯正 60〜100万円

裏側矯正 100〜150万円

部分矯正 30万円〜

上下顎の歯並び全体を矯正する場合の費用は、おおよそ100万円程度と考えてよいでしょう。

「表側矯正」より「裏側矯正」の方がコストが嵩む傾向がありますが、「裏側矯正」は、ブランケットと呼ばれるワイヤー装置を唇ではなく舌側に装着するため、周囲に気づかれずに治療を完了させることが出来るメリットがあります。(最近では、マツコデラックスさんも「裏側矯正」で治療をされたそうですが、気づかれる方は皆無だったそうです。)

ただし、重度の開咬・受け口・八重歯の方など、患者さんの歯の状態によっては、「裏側矯正」の適用が難しいケースもあります。

なお、ワイヤー矯正での「部分矯正」は原則として、上の前歯/下の前歯/、左下の奥歯/右下の奥歯、左上の奥歯/右上の奥歯という6ブロックに分けて治療範囲を決定するため、上の前歯だけを整えたいようなケースでは、全体矯正の1/6程度のご予算がその目安になります。

マウスピース矯正にかかるコストの目安

全顎矯正 80〜110万円

部分矯正 10〜70万円

マウスピースによる矯正治療の費用は、前歯・すきっ歯・出っ歯など数本の歯に限局した「部分矯正」にするか、すべての歯並びを移動させる「全顎矯正(全体矯正)」によって大きく異なります。

昨今では、見た目の印象を大きく左右する前歯だけの「部分矯正」が大変人気ですが、患者さんの歯の状態によっては「部分矯正」が適用できないケースもあるので、一度、病院・クリニックにご相談されてみると良いでしょう。

なお、ワイヤー矯正における「部分矯正」では、対象となる歯の箇所にのみ装置を付けますが、マウスピース矯正における「部分矯正」は、「全顎矯正」同様すべての歯を覆った上で治療を行うものになります(周囲に目立つことはないので、その点ではご安心ください)。

まとめ

上記のように、「ワイヤー矯正」「マウスピース矯正」ともに、すべての歯並びを移動させる「全顎矯正」の一般的なご予算は100万円程度になると考えて良いでしょう。

適用範囲が大きいため「部分矯正」よりどうしても高額にはなりますが、「全顎矯正」には、審美面だけでなく、ご本人では気づきづらい噛み合わせの部分も改善できるメリットもあります。

歯列矯正は、一生に一度の大切な治療ですので、金額だけに捉われない柔軟な視点を持つこともとても大切です。

歯科医とよくご相談された上で、ぜひご自身にとってベストの治療プランを決定されて下さいね。

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 矯正歯科コラム

タグ: マウスピース矯正 ワイヤー矯正

関連記事

表側でも目立たない!ホワイトワイヤーって知ってる?

マウスピース矯正や裏側矯正など目立たない矯正もありますが、表側矯正を選ぶという方もいるでしょ…

実録:矯正前に親知らずって抜くべき?抜かないべき?

矯正治療前に親知らずを抜くべきか抜かないべきかというのは大きな悩みの1つです。実は筆者自身も…

コチミちゃんの自分みがき日記⑩~自己投資の巻~

こんにちは、コチミちゃんです。 最近、歯の治療に進展がないです。段々揃ってきたのですが、毎月…

おすすめ医院