治療について

インビザラインのドクターを選ぶならダイヤモンド・プロバイダー以上を選ぶべし

更新日:2021/06/10

これまでに100ヵ国以上の国で扱われ、700万人以上の方が治療を受けられているインビザライン・ジャパン社のマウスピース矯正ですが、どこの矯正歯科で行えばよいのでしょうか?

その1つの指標が「ランク分け」です。実は、治療を手掛けるドクターはインビザライン・ジャパン社によって7つのランクに分けられているのです。

インビザライン・ジャパン社のマウスピース矯正、7つのランク

年間症例数の多い順に「ブラックダイヤモンドプロバイダー」から始まり、「ダイヤモンド・プロバイダー」、「プラチナエリート・プロバイダー」、 「プラチナ・プロバイダー」、「ゴールド・プロバイダー」、「シルバー・プロバイダー」、「ブロンズ・プロバイダー」となっています。

  • ブラックダイヤモンドプロバイダー(年間401症例以上)
  • ダイヤモンド・プロバイダー(151症例以上)
  • プラチナエリート・プロバイダー(101症例以上)
  • プラチナ・プロバイダー(51症例以上)
  • ゴールド・プロバイダー(21症例以上)
  • シルバー・プロバイダー(11症例以上)
  • ブロンズ・プロバイダー(1症例以上)

となっています。

オススメはダイヤモンド・プロバイダー以上

一番最上位の「ブラックダイヤモンド・プロバイダー」(Invisalign BLACK DIAMOND PROVIDER)は、全体の1%程度と言われています。
また、病院の規模もあり1人では年間401症例以上を見ないとしているお医者さんもいるようです。

病院選びの目安として、インビザライン社のマウスピース矯正をする際、ドクターとして選ぶのは「ダイヤモンド・プロバイダー」以上をオルソペディアではオススメしています。

まとめ

今回は、インビザライン・ジャパン社が定めるインビザライン・ドクターのランクについてご紹介しました。

こうした基準も参考にしながら、信頼して治療を任せられる矯正歯科を見つけてくださいね。

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 矯正治療の方法

タグ: インビザライン・ジャパン社のマウスピース矯正 マウスピース マウスピース矯正 病院の選び方

関連記事

反対咬合は手術しないと治らないって本当?治療期間や費用は?

反対咬合でお悩みの方は、矯正歯科で手術をしなければ治らないと言われた経験があるかもしれません…

矯正専門医院の先生に訊いてみた!一問一答③

「これまで診た患者さんの最高年齢は?」「治療をしていて嬉しい瞬間はいつ?」「歯科医師になった…

歯列矯正、ホワイトニング、クリーニング。正しい手順は?

「歯並び」について調べていると、「歯を白くする」施術や「歯の汚れを除去する」施術も自然と気に…

おすすめ医院