治療について

【お口のお悩み】 美貌にも健康にもとっても大切。ベロの位置について。

更新日:2021/05/25

毎年のように春になると花粉が猛威をふるいますが、その影響は鼻や舌、咽喉だけにとどまるものではありません。

鼻炎や花粉症が舌の位置にも影響を与えることをご存知でしょうか?

「呼吸がしづらい」「口が乾きやすい」「呑み込みづらい」「発音しづらい」といった症状がみられる場合は、ベロの位置に問題が生じている可能性があります。

ベロの位置、大丈夫?

舌の位置のズレは、歯並びや噛み合わせに悪影響を与えるだけでなく、頬や口角の弛み、あごの突出と言った審美的な側面とも関わりの深い事柄です。

ずばり、矯正治療に訪れる人のほとんどは正しい位置に舌がありません。

日頃からご自身のベロの位置を把握しておくことがとても大切です。

正しいベロの位置を簡単にチェック!

では、正しいベロの位置とはどのようなものなのでしょうか?

一般的に正常とされる舌の位置は、次の三つの条件を満たしている状態です。

①自然と舌が上顎についている

②舌先が前歯に触れていない

③舌先が前歯の少し後ろの位置にキープされている

これは、心身がリラックスした状態での初期位置になります。簡単に確認できますので、気になる方は是非ご自身でチェックしてみて下さい。

要注意なベロの位置と癖をチェック!

正常ではないベロの位置の中でも、とくに以下のケースに当てはまる方は、噛み合わせや歯並びにも影響が出やすい状態になっているため、早期に歯科医に相談されることをお勧めします。

先述のセルフチェックで「舌が前に突き出している」「舌が下がっている」と感じた方は、該当している可能性が高いことを念頭に置きながらご一読されると良いでしょう。

①突出癖

無意識のうちに舌を前方に突き出してしまう癖が見られるケースです。

安静時には正常な位置に舌があっても、言葉の発音時、ものを呑み込む嚥下時にこのような癖が出る場合も含めます。

「突出癖」があると開口(奥歯を噛んだときに前歯が開いた状態)、上顎前突(出っ歯)、交叉咬合(噛み合わせときに上下の歯がクロスしている状態)の原因にもなります。

②低位舌

リラックスした状態で舌が正常な位置より下がっているケースです。

セルフチェックでご自身のベロが下顎の歯に付いてしまっている場合は、この症例である可能性が高いでしょう。

舌が下顎にあたると上顎とのバランスが乱れ、叢生(ガチャガチャの歯並び)、狭窄歯列(奥歯が内側に入り込み前歯が突出した状態)、反対咬合(受け口)、空間歯列(すきっ歯)の原因になります。

また、ベロの位置が下がることで気道が狭くなり、呼吸困難、激しいイビキ、睡眠時無呼吸症候群、胃食道逆流などの症状が誘発されることも少なくありません。

ベロの位置の大敵!ライフスタイルの悪習慣をチェック!

ライフスタイルにおいて次のような悪習慣がある場合は、舌の位置がズレやすく、歯並びや噛み合わせにも悪影響を及ぼすため、普段から改善するように心がけると良いでしょう。

①口呼吸

口呼吸は、下顎の方に舌が垂れ下がりやすい傾向があり(極端な例ですが、犬の呼吸と舌の関係をイメージすると分かりやすいかも知れません)、「低位舌」を惹き起こす主要因子です。

歯並びや噛み合わせ、口臭にも影響を与え、上顎前突(出っ歯)、空間歯列(すきっ歯)を誘発することもあります。ドライマウスにもなりやすいため、唾液の減少により虫歯、歯周病の発生リスクも上昇します。

慢性鼻炎や花粉症の症状があると、無意識のうちにに口呼吸となってしまうことも多いので、罹患している方は日頃から意識されると良いでしょう。

②指しゃぶり

赤ちゃんの指しゃぶりは愛らしいものですが、その癖が3〜4歳頃になっても治らないような場合は注意が必要です。

というのも、舌が下顎の奥に引っ込んだ状態、口をすぼませた状態が小児期に長時間続くと、歯並びや噛み合わせ、顎の形にも影響が出てしまうからです。

まとめ

狭窄歯列上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口、しゃくれ)、開口の発生原因でもあるため、お子さまと話し合っても改善が見られないような場合は、ぜひ歯科医院・クリニックまで気軽にご相談下さい。

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: お口のお悩み治療の方法

タグ: お口のお悩み

関連記事

コチミちゃんの自分みがき日記⑩~自己投資の巻~

こんにちは、コチミちゃんです。 最近、歯の治療に進展がないです。段々揃ってきたのですが、毎月…

歯並びを整えて「脱・マスク美人」

すっかり生活に欠かせないアイテムとなったマスク。その使い道は、ウイルスや細菌から身を守る感染…

お子さんの下顎の成長をストップ!「チンキャップ」について

聞きなれない用語を耳にすることも多い歯列矯正治療。 オルソペディアでは、あらかじめ知っておき…

おすすめ医院