治療について

英語には“笑顔”がたくさん。知っていますか?「ラフ」と「スマイル」の違い

更新日:2021/07/13

英語には、笑顔を意味する英単語がたくさんあります。

その数、実は10種類以上!

今回は”笑顔”に関わる英単語を調べてみました。

こんなにあった!笑顔の英単語

smile スマイル

ニコっと微笑むこと。声をたてないで笑うことを指します。

laugh ラフ

声をたてて笑う。大笑いする。(smileとの違いがわかりましたね!)

grin グリン

ニヤッと笑う。歯を見せて笑う。

smileよりは口を大きくあけ、歯を見せて声を立てずに顔だけが笑うことだそうです。

guffaw ガフォー

爆笑する。腹を抱えて笑う。

年々爆笑する機会って減って行っている気がします。昔はくだらないことでもずっと笑っていられたような。。皆さんはどうでしょうか。。

snicker スニッカー

くすくす笑う。冷笑する。忍び笑い。悪い人の笑い方ですね!

chuckle チャックル

含み笑いをする。ククッと笑う。悦に入るというような意味もあるようです。大人向けの笑い方ですね。

giggle ギグル

くすくす笑う。”くすくす笑っている人”って現実で見たことありますか。。?

sneer スニアー

あざ笑う、冷笑する、鼻であしらう。性格が悪そうですね!

smirk スマーク

にやにや笑う。薄ら笑いを浮かべる、気取った笑い方をする。

そろそろ違いがわからなくなってきました。日本語にも笑いを表現する言葉は色々ありますよね。

まとめ

“smile”は声をたてずに微笑むこと、”laugh”は声を上げて笑うことを指します。

他にも大爆笑を意味する”crack up”など、英語には笑いを意味する単語がたくさんあります。

矯正歯科には、「患者さんを笑顔にする」など笑顔に関わる標語を掲げるところも少なくありません。

人間は、笑うと「NK(ナチュラルキラー)細胞」が活性化されるそうです。この「NK細胞」とは白血球の一種で、がん細胞や細菌に感染した細胞を死滅させる力があります。

つまり、笑うと免疫力が高まり、さまざまな病気に対して強い体ができるのです。

他にも、笑うと自律神経のバランスが整ったり、脳が活性化するそうですよ。

笑顔って健康のためにもとっても大切なんですよね。

笑顔と歯は切っても切り離せない存在。あなたが考える理想の「笑顔」は、矯正歯科で見つかるかもしれません。

皆さんの日々が笑いで溢れていますように!

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 特集

タグ: 笑顔

関連記事

勝手にトライ! | キレイライン矯正-実践編-①マウスピース完成、受け取り

キレイライン矯正の初診カウンセリング〜初回1回分の治療を実際に受けてみて、 キレイライン矯正…

埼玉矯正歯科院長 特別対談【後編】

これまでオルソペディアでは、「矯正歯科専門」「症例写真の掲載」など独自の基準で矯正歯科を評価…

東京五輪も!自然と笑顔になるミュージックビデオ三選

いよいよ東京オリンピックが開催を迎えました。この平和とスポーツの祭典に花を添えてくれるテーマ…

おすすめ医院