治療について

矯正治療をもっと快適にする魔法のガム「ギシグー」を知っているか?

更新日:2021/05/25

ワイヤー矯正時の口内の出血はとてもつらい…

ワイヤー矯正ではしばしば舌や顔の粘膜に矯正器具があたり痛み、出血が発生することがあります。

特に「裏側矯正」で「舌が大きい」人は要注意!出血確率マシマシです。

私も実はその1人で、最初は矯正歯科医にハーフリンガル(上側は裏側、下側は表側など、場所によって矯正装置を変えること)を提案されましたが、仕事の都合器具がなるべく見えない裏側を選択しました。

ところが、やっぱりというかが矯正器具にあたって痛い!

気になってついつい舌が矯正装置を触ってしまう、1日会議があった時なんて口内血だらけ…。

というわけで使い始めたのが、「ギシグー(ギシ グー、GISHY GOO)」というガムです。

矯正歯科では無料で「ワックス」はもらえる

矯正歯科では、ワイヤー矯正の場合に半透明の板状の「ワックス」がもらえます。

これは矯正装置が当たりそうな場面にワックスを指で小さく丸めて押し付けて固定、つまりガムのようにくっつけてあげることであたりを良くします。

それならばギシグーはいらないんじゃないか?と思う方いると思うのですが、これは「ロウ」が主成分…つまり、温かいものを食べると溶けてしまいます…。

何となく気分が良くない。(もちろん安全です)

そんな時に登場するのが「ギシグー」です。

ギシグー(GISHY GOO)とは?

ギシ グーは白い不透明のペーストで、注射器のようなアプリケーターに入っています。

使う直前になったらアプリケーターから押し出し、出てきた白色・オレンジ色の2色を混ぜて小さな塊を作ります。固まらないうちに口の中の当たって痛いところに押し付けて固定します。

ギシグーは、2分もすれば固まってしまいます。

その時までが勝負、また、この時に口の中が唾液や水で塗れているとよくつきません。水分をとって乾燥させてからやりましょう。

使い方自体は「ワックス」と同じです。ギシグーが優れているのは固まってしまうととれづらいこと。

公式なデータでは1日12時間までとしていますが、使ってみたところ実際はかなり持ちます(定期的に取り換えましょう)。

また、ほのかにバブルガムの味がして薬っぽさもありません。なんというか海外のお菓子っていうイメージですかね。

ギシグーって安全なの?

ギシグーの正体はシリコーン!

矯正歯科用のシリコーンとして使われているポリビニルシロキサンエラストマー(PVS)で作られておりますので、もちろん安全です。

ロウと違って熱いものを食べたりすると溶けてしまう心配がないのは大きいです。

だけど、ちょっとだけコツがいります。

1.ワイヤーの上に載せすぎないように注意

ギシグーは意外とつけづらいです。なので気が付いたらワイヤーの上にべったりギシグーがついているということが多いのですが、動きを妨げないようにしましょう。

2.外すときは注意!

自然にとれるのならば良いのですが、やや硬めのものなので外すときには矯正装置を壊さないように注意しましょう。

実際、Googleでギシグーと検索すると「外し方」「取れない」と予測変換されます。

気になるお値段は?

1本あたり1000円もしません!Amazonでも3本2700円で売られているなど、市販されています。

「思ったよりも早いペースで使い切っちゃったけど矯正歯科に行くの面倒だなぁ」という時には通販で買うことができます。

まとめ

矯正治療、特に裏側矯正では必須とも言うべき「ギシグー」でもっと快適な矯正ライフを過ごしませんか。

最初のご相談は信頼できる矯正歯科まで!

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 治療中のお役立ち情報矯正歯科コラム

タグ: ワイヤー矯正 治療中の方へ 裏側矯正

関連記事

まるで「ワイヤー矯正のドキュメンタリー映画!」YouTubeのケンさん

ここのところ、YouTubeにも矯正治療に関するコンテンツが多数アップされるようになっていま…

表側でも目立たない!ホワイトワイヤーって知ってる?

マウスピース矯正や裏側矯正など目立たない矯正もありますが、表側矯正を選ぶという方もいるでしょ…

矯正専門医院の先生に訊いてみた!一問一答③

「これまで診た患者さんの最高年齢は?」「治療をしていて嬉しい瞬間はいつ?」「歯科医師になった…

おすすめ医院