治療について

矯正治療を終えたセンパイに聞く:臨さんのケース(3)

更新日:2021/07/30

「矯正を終えてキラキラしたセンパイたちの話を聞こう」シリーズ、臨さんのケース第三回です。

臨さんは埼玉県在住のアラサー、おしとやかなムードがある一方で都内の有名大学を卒業された才色兼備の美女でもあります。

子供の時に一度矯正をするも元に戻ってしまい、大人になって二度目の歯列矯正に挑んだ臨さん。

今回は矯正を終えての感想です。

矯正中に苦労したことは何ですか?

ワイヤーやブラケットが口の中に当たることです。口の中が痛いんです。

ワックスを付けて対処していましたが、食事の際などに取れてしまったりして面倒でした。食べ物が矯正器具に挟まりやすいので、人といるときの食事は気を遣いました。歯磨きも時間がかかりました。

逆に、矯正の圧力による痛みは、覚悟していたほどではありませんでした。子供の頃のイメージで「矯正は痛いもの」というのがあったので、それは良かったです。

弱い力で少しずつ調整してもらえたのでそれが良かったのかもしれません。

矯正が終わった時はどう思いましたか?

(Before⇨After)

慣れてからも矯正器具はそれなりにストレスだったので、器具が外れたときは解放感がありました。

歯並びがきれいになる実感は矯正中も徐々に感じていたのですが、表側矯正だったこともありピンとこないところもありました。

終わったあと、綺麗な歯並びを見るとさらに嬉しく思いました。

何より歯形を気にせずハンバーガーにかぶりつけること、歯並びを気にせず笑えることが嬉しかったです。

矯正を終えて2年経ったそうですが、現在のお気持ちは?

私は二度目の歯列矯正です。一度後戻りしてしまっているので、過ちを繰り返さないように矯正が終わったあとのケアに気をつけています。

ブラケットを外してしばらくは、歯が動きやすくなっている感覚がありました。後戻り防止のためリテーナーとマウスピースの両方を作りましたが、個人的にはリテーナーが使いやすく、愛用しています。毎晩リテーナーを付け、今でも定期的に矯正歯科医に通い調整してもらっています。

悩んでいた頭痛が噛み合わせによるものだったのかはわからないのですが、毎日何度も気にしていた歯並びが気にならなくなったことで圧倒的にストレスが減りました。

現在の矯正治療って昔と違いましたか?

20年前と比べて、矯正器具も治療法もより良いものになっていると感じました。以前よりも痛みなく早く終えることができ驚きました。

私が子供の頃の矯正って、人によってはヘッドギアだ、顎のガードルだとなんだか大がかりで長い期間つけているイメージもありました。

クリニックによるかもしれませんが、以前は調整が月一だったため一度に締め付ける力が強く、痛かったんです。

現在は弱い力で少しずつ動かしたほうが早く動くと言われているそうです。今回は二週間に一度通い少しずつ調整してもらえたのが良かったのか、耐えられない痛みを感じることはありませんでした。

★第一回、第二回の記事はこちらからどうぞ。

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 矯正の記録矯正歯科コラム

タグ: インタビュー ブラケット

関連記事

金額はいくらくらいかかるの?

歯列矯正を希望される患者さんにとっていちばんの気がかりである「治療のお値段」。 ここでは、現…

セラミック矯正で歯が抜けてワイヤー矯正で再出発。YouTuber「ななきっちゃんねる」さんの場合

YouTubeに数ある医療系コンテンツのなかでも、患者さんにぜひ参考にしてもらいたいのが、治…

ありすぶろぐ。―歯に関するお話- vol.2 私の治療内容&病院選び&率直な意見について

こんにちは!ありすです。 第1回のブログは見ていただけたでしょうか。 矯正が気になっている方…

おすすめ医院