治療について

ハル、下顎前突を矯正する⑤-床矯正装置ができるまで-

更新日:2021/09/15

こんにちは、ハルです!

前回は、床矯正のデメリットと最初に大変だったことについてお話ししました。

このデメリットがなかなか辛かったですね。口の中に装置を入れながら寝るなんて、異物感が半端じゃないしツバも飲み込みづらいし…

ですが、慣れてくるとなんとも思わなくなります。

やっぱり2〜3週間もすれば、どんなものも生活の一部として定着するんですね〜。

…それはさておき、今回は床矯正の装置を作るために歯医者でやったこと、装着後の生活についてご紹介します。

床矯正装置を作るためにやったことは?

まず初めに、歯科医さんに歯の状態を検査されました。

歯科医さんは私の口の中を見ながら、「あ〜かなり歪んでるね〜。ちょっと大変かもね」と言っていました。

正直、歯並びの重要性がよくわからなかった当時の私は、そんなこと言われても何が大変なのかわかっていませんでした。「ふーん、そうなんだ」という他人事の感覚だったことを覚えています。(危機感がなさすぎる)

その後レントゲンで歯の撮影をし、その時点の歯の状態についての詳しい解説を母と一緒に聞きました。

どうやら私の歯並びは、『生まれつき』と『爪を噛むクセ』が原因とのこと。

確かに爪は無意識に噛んでいましたが、それが歯並びに影響が出るとは思っていませんでした。さすがにその話を聞いてからは、爪を噛むクセは直そうと思いましたね。無意識にやっていたことが原因の一つだったなんて恐ろしい…

解説を進めていくと、歯科医さんは「床矯正で治せる可能性は十分にある」と言っていました。

そしてここから、床矯正装置を作るための段階に入ります。

まずは、私の歯型を取るために、口の中にピンク色の大きな塊を入れました。そのピンクの大きな塊は、かまぼこに似たような弾力があってプルプルしていて、ちょっと気持ちが悪かったです。

歯型がしっかり残るようにグッと歯に押し付けて、約3分ほど口の中に入れていました。化学薬品っぽい独特な味がしたり息もしづらかったり、とてもキツかったです。

そして、ピンクの塊についた歯型を元に、床矯正装置を作っていただきました。

この歯型を見た母が、あまりの歯並びの悪さにびっくり&大笑いしていました。(私も見た気がするのですが、全く覚えていません)

母からは「あんた今のうちに矯正できてまじで良かったね」と言われました。

これは今の私も激しく同意できます。本当に子供のうちにできて良かったです。

ちなみに、装置の値段は上下合わせて15万しないくらいです。

ただし、今後の顎の成長や歯並びの変化に応じて装置を作り直すこともあるので、最終的に値段はもっとかかります。

私の場合は装置の作り直しや診察料などを含めて、トータルで50万くらいでした!

装着後の生活

床矯正装置を渡されてから最初の2週間は、「装置がぴったり合うか様子を見てほしい」とのことでした。

ぴったりでしたが、異物感に耐えるのが苦痛でしたね。ですが、2週間経つとそんな異物感も気にならなくなります。

装置の不具合もなかったので、歯科医さんから

「この装置で矯正を進めましょう」

「今後は1ヶ月〜2ヶ月に1回のペースで診察に来てください」と言われました。

ここから、毎日12時間の装着生活が本格的に始まります。

床矯正開始直後に起きたプチアクシデント。

..ですが、さっそくプチアクシデントが。

1週間に1度、装置についているネジを回して顎を広げていくのですが、母がネジを回す向きを間違えて、キツくしてしまいました。

私もキツくなっていることに気がつかずに、歯にはめてしまいました。装置のワイヤーが歯茎をググッと締め付ける感じがすっごく痛かったです。

床矯正のワイヤーって、普通の矯正ワイヤーよりも太いし硬いんですよ。そんなものが歯茎にググッと力強く押しつけられたら、冗談抜きでたまったもんじゃないです。

ただ、装置を渡されてから初めてネジを回したので、私は「ネジ回すとこんな感じなのか」「痛くても我慢しないといけないんだな」というアホな勘違いをしていました。とにかく痛みに耐えようと必死でした。

まあ結局、あまりに痛すぎて泣いちゃったんですけどね。

装置を外すと歯茎の一部が赤く腫れていて、ちょっぴり血も出ていた気がします。泣きながら母に訴えて、ネジを正しい向きに回してもらいました。

あの痛みは絶対に忘れません。

しょっぱなからそんなプチアクシデントがありましたが、気を取り直して床矯正生活のスタートです。

次回予告

次回は、床矯正生活をもっと掘り下げていこうと思います。

診察の様子や、装置のお手入れなどについてもお話しします。

ではまた次回、お会いしましょう!

この記事を書いた人

ハル

芸術大学卒業後、フリーライターとして活動中。 趣味は工芸制作体験、アート・作家のギャラリー巡り、K-POPを聴くこと。 甘いものも大好き。

カテゴリー: 治療の方法矯正の記録矯正歯科コラム

タグ: 小児矯正 床矯正 矯正の実体験

関連記事

知っておきたい!食事と歯並びの深い関わり

知っておきたい!食事と歯並びの深い関わり

食事と歯並びには深い関連性があることをご存知でしょうか? 近年では、食の欧米化によって、やわ…

勝手にトライ! | キレイライン矯正-実践編-②キレイライン矯正 1ヶ月日記

キレイライン矯正の初診カウンセリング〜初回1回分の治療を実際に受けてみて、 キレイライン矯正…

勝手にトライ! | キレイライン矯正-実践編-③特典のホワイトニングジェルを使ってみる

キレイライン矯正の初診カウンセリング〜初回1回分の治療を実際に受けてみて、 キレイライン矯正…

おすすめ医院