治療について

コチミちゃんの自分みがき日記⑧~要注意食べ物の巻~

更新日:2021/07/26

ちゃんとゆで卵以外も食べていますよ。

ということで、今回は裏側矯正中に気を付けるべき食べ物をご紹介します!

裏側矯正は表の矯正よりも、器具がダイレクトに食べ物に当たるため、詰まるかどうかよりも器具が外れてしまわないかが重要だということに気が付きました。

■食べるの禁止令

矯正をして食べられなくなったものは、キャラメルとガムです。これはもう完全にアウト。

器具にくっついて取れなくなるだけでなく、その勢いで器具が外れる可能性がかなり高くなるので表裏関係なく、矯正する方は医師から「ガム・キャラメル禁止令」が出ます。

私はガムの代わりに黒の激辛ミンティアを愛用中です。

■あれも、これも要注意

基本的に何を食べるにもいつもよりは慎重になるべきですが、特に硬いもの全般は要注意です。

外れます。私は3回も外れました。

おせんべいなどの明らかに硬いものはもちろんですが、ブロッコリーや貝柱など弾力のある食べ物は、器具の隙間に入り込んで器具をゆがめることがあります。

キムチと魚は詰まる上に、においも残るので最悪です。

あと、意外とパンも、油断して詰め込みすぎると器具の隙間に勢いよく入って、器具をゆがめるほどの力を発揮しますを

ちなみに、私はブロッコリーの芯と冷え冷えの棒アイスで器具が2回も取れてもうその二つは恐怖症です。

飲むと食べる派。

他にも私の知り合いで表側の矯正をしている方は、着色してしまうという理由から、大好きなカレーと赤ワインを避けているようです。

約2年カレーが食べられないなんて考えられますか?

彼女とのお酒はいつも白なので、私もすっかり白ワインラバーになってしまいました。最初は絶対的赤派だったんですけどねえ。矯正で好みも変わるものです。

ただ、硬いものに関しては、食べ方のコツをつかめば食べられるようになります!

今後、そのような話をしていけたらと思っているので、本日はこのへんで。

最後までありがとうございました!

この記事を書いた人

コチミちゃん

ポジティブゆでたまご女子です。

カテゴリー: 治療の方法

タグ: かみ合わせ 成人矯正 矯正の実体験 自分みがき日記 裏側矯正 顔の印象

関連記事

ハル、下顎前突を矯正する①-始めたワケ-

初めまして! 小学6年生〜中学3年生まで歯科矯正を経験したハルと申します。 これから矯正を始…

【お口のお悩み】 なぜ?お口のお悩み 気になる歯の着色 黄ばみ/黒ずみのまさかの原因とは?

年齢や性別問わず、誰しもが憧れる、清潔感あふれる真っ白な歯。 近年では、審美的な欲求だけでな…

矯正専門医院の先生に訊いてみた!一問一答②

「矯正中の歯の磨き方のコツは?」「おすすめの歯ブラシは?」「市販のホワイトニングって効果はあ…

おすすめ医院