治療について

勝手にトライ! | キレイライン矯正-実践編-②キレイライン矯正 1ヶ月日記

更新日:2021/06/30

キレイライン矯正の初診カウンセリング〜初回1回分の治療を実際に受けてみて、

  • キレイライン矯正がどのようなものなのか?
  • 実際にキレイライン矯正をやってみた感想

などについてお届けする企画です。

私と同じように、
「キレイライン矯正に興味があるけど、実際どんな感じのものなのかな?」
と思っている方の参考になれば幸いです。

今回は、実際にキレイラインのマウスピースを初回の1回分=一ヶ月つけてみた日々の記録をお届けします。

はじめに・・・

キレイライン矯正では、マウスピースを一日20時間以上装着することを推奨しています。

この記事を書いている時点で私がキレイラインのマウスピースを受け取ってから4週ほど経っているのですが、マウスピースを20時間以上つけられた日は正直1、2日しかなかったです。

原因としては

  • 外に出た時にマウスピースのつけ外しをするのが習慣化しなかった
  • 食事をとった後に再度マウスピースをつけるというのが習慣化しなかった

上記だと思います。

ごはんを食べた後そのままコーヒーを飲んで、気づいたらずっとつけていない。。みたいな感じです。

基本は夕食後〜起きて朝歯を磨くまで、というルーティーンしか定着しませんでした。

なので、1日14時間くらいが限界で、中には夜寝る前まで忘れているときもありました。

日々の記録

そんなわけで全然しっかり矯正活動(???)できていなかったのですが、痛みの記録や感想などが今後誰かの役に立つことを信じて!!!

日々の記録をお届けします。

  • 0日目 
    装着予想時間:10時間くらい

    医院でマウスピースをつけてもらってから4時間後くらいに結構全体が痛くなってきて、それに連動して頭も痛くなったのでもらったロキソニンを飲んだ。
    歯の前後から強く押されている感じで、型に歯が当たっているのが痛いというイメージです。
  • 1日目
    装着予想時間:12時間くらい

    寝ているときは気になるほどの痛みはなかった。
    朝マウスピースを外して歯を磨いたときに歯の根本から痛い感じがありました。
    特に前歯は感覚がなく、強く磨くと歯茎がとても痛くなる感じです。
    なんとなく歯が抜けたりしないのかな?と思うような感覚でした。
  • 2日目
    装着予想時間:6時間くらい

    夜つけて寝たときに歯全体がとても痛くなり、顎の痛みにもなってきたのでロキソニンを飲みました。それでも痛かったので外して寝ました。
  • 3日目
    装着予想時間:12時間くらい

    前日の夜つけて寝たのですが朝起きたら外していました。痛くて無意識のうちにとってしまっていたようです。
  • 4日目
    記録なし
  • 5日目
    装着予想時間:12時間くらい

    あまり痛くないなと思っていたらちゃんとフィットさせていなかったからで、アライナーチューイーを噛んだら少し痛くなりましたが、そこまでではありませんでした。
  • 6~8日目
    装着予想時間:0時間

    完全につけるのを忘れていました。
  • 9日目
    装着予想時間:5時間くらい

    久しぶりにつけました。痛みはそれほどありませんでした。
  • 10~11日目
    装着予想時間:14時間くらい

    朝起きてマウスピースを外して歯を磨いた時、上下の前歯の感覚がない感じでした。
  • 12~13日目
    装着予想時間:0時間

    完全につけるのを忘れていました。
  • 14日目
    装着予想時間:5時間くらい

    2週間経ったことに気づき、ハードタイプにつけかえました。
    痛みはまったくなかったです。
  • 15日目
    装着予想時間:5時間くらい

    起きて外した時痛いかと思ったが、ソフトの時ほどの痛みはありませんでした。
  • 16日目

    記録なし
  • 17日目
    装着予想時間:12時間くらい

    ハードタイプの方がしゃべりづらいということに気づいた。
  • 18日目
    装着予想時間:12時間くらい

    小さい口内炎ができた。
  • 19~20日目

    記録なし
  • 21日目
    装着予想時間:5時間くらい

    夜つけたときに、痛みはないけど普通に苦しいなと思いました
  • 22日目
    装着予想時間:20時間くらい

    昼食後からわりとずっとつけていられたのですが、違和感のみで痛みはなかったです。
  • 23日目
    装着予想時間:12時間くらい

    朝起きたら上のマウスピースを外してしまっていました。これがクセになるとかなり問題だなと思いました。

感想まとめ

ソフトタイプのマウスピースの方がハードタイプよりも痛みが強いのはとても意外でした。

痛いということは、ちゃんと歯が動いているということですよね。

痛すぎて耐えられない!!というような状況には2回くらいしかなりませんでした。

やる前はマウスピース矯正ってちゃんと歯が動くのかな?と思っていたところもあったのですが、(当然ではありますが)しっかり動いているのを感じたと思います。

マウスピース矯正、私のように自己管理が全く出来ない人にとっては習慣化させるのが少し大変かもしれませんが

ちゃんと習慣を作って装着を続けられる人であれば、マウスピースは目立たないし、取り外せて洗えるので清潔に保つことも簡単にできるので、良い方法なのではないかなと思いました。

マウスピース矯正にもいくつか種類がありますが、キレイラインを選ぶ時覚えておきたいのはやはり「キレイラインは前歯8本の部分矯正である」という点でしょうか。

そのため、全体のかみ合わせを改善することはできません。

キレイライン矯正とワイヤー矯正と組み合わせることで歯全体の矯正にも対応することはできますが、そうなると結局ワイヤー矯正をはじめからしているのと何が違うのか?という疑問もあり

自分の希望に合った矯正方法を検討するのが大切ですね。

日々のマウスピース装着を自分ができるかどうか不安な方は、初回のお試しを利用するのも良いと思います。

次回は特典でもらったホワイトニングジェルを使用してみたいと思います!

=====

前回の記事はこちらからどうぞ!

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 治療の方法特集

タグ: キレイライン マウスピース マウスピース矯正 成人矯正 矯正の種類

関連記事

知っておきたい矯正装置「ヘッドギア」って?

これまで耳にしたことのない言葉や、目にしたことのない装置に接する機会が多い歯の矯正治療。オル…

子どもの矯正 「早めに治療をスタートさせたい三つの歯並びについて 」

「歯並びが気になるけど、痛い思いをさせるのは……」「乳歯の段階での歯並びのわるさは大丈夫?」…

知っておきたい!食事と歯並びの深い関わり

知っておきたい!食事と歯並びの深い関わり

食事と歯並びには深い関連性があることをご存知でしょうか? 近年では、食の欧米化によって、やわ…

おすすめ医院