治療について

勝手にトライ! | キレイライン矯正-初診編-①私の歯並びについて

更新日:2021/05/27

こんにちは!
オルソペディア編集部の中の人の一人、エンドウです。

最近Twitter広告やInstagramストーリーで見かけることが多い「2万円から始められるキレイライン矯正」

矯正治療=高額のイメージがあったため、見かけるたびに気になっていました。

私は昔から自分の歯並びがあまりよくないことは自覚していたのですが、歯列矯正は高額だからと諦めていたところがありました。

そのため、2万円からという気軽さのあるフレーズには魅力を感じました。

そこで今回は、キレイライン矯正の初診カウンセリング〜初回1回分の治療を実際に受けてみて、

  • キレイライン矯正がどのようなものなのか?
  • 実際にキレイライン矯正をやってみた感想

などについてお届けしたいと思います。

私と同じように、
「キレイライン矯正に興味があるけど、実際どんな感じのものなのかな?」
と思っている方の参考になれば幸いです。

前編となる今回は、初診検診のレポートです。
全4回に分けてお送りしますので、興味のある方は順番にご覧頂ければと思います。

今回は自己紹介的な記事になっていますので、実際のレポートから読みたいという方は以下からどうぞ!

私の歯並びについて

はじめに、私の歯並びの状況についてお話しておきたいと思います。

「歯並びが悪いほうである」という自覚

私は歯並び・噛み合わせ共に、人に比べて中々に悪いほうであるという自覚があります。
「自分は歯並びが悪い」と思っている理由としては以下のような感じです。

体感として

  • 上下の歯を噛み合わせたときに「歯が正しく噛み合っている」という感覚がなく、どこに歯を置いてもしっくりこない
  • 中学生〜高校生の時には顎が慢性的に痛む時期が時々あり、顎が痛すぎて眠れないこともあった
  • 口を大きく縦に開けると右の顎の関節が鳴る

見た目として

  • 下の前歯のあたりがガタガタ
  • 根本が重なって生えている?感じで、歯が重なりあっているところがある。

言葉だけだとわかりづらいですね。。!こちらの絵のようなイメージです。
私は特に前歯がガタついているので、左の絵のほうがより近いです。

このような歯並びは、「叢生(そうせい)」と呼ばれており、以下のような特徴があるそうです。

  • 歯の大きさと顎の大きさの間に起こるアンバランスにより、歯が部分的に重なってしまう状態。抜歯が必要な場合もある。
  • 歯の大きさと、歯が並ぶアゴの大きさとのアンバランスにより、歯が並びきらず何箇所かで重なっている状態です。一般に乱ぐい歯と呼ばれることが多く、犬歯があとから生えてくるために生じる八重歯などがあります。
  • 歯そのものが大きかったり顎骨の発育不全の場合に起こります。アンバランスの程度が大き過ぎると永久歯を抜いて矯正治療で歯並びを改善することがあります。

叢生(そうせい)- e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/teeth/yh-015.html

厚生労働省 (2021年閲覧) 


私の場合は、下顎が小さいことによって、歯が重なってしまっている感じです。

この歯並びによるところが大きいと思うのですが、私は中学生の時から顎の痛さに悩まされる時期が定期的にありました。

全く痛くない時期もあれば、日常生活に支障をきたすレベルで痛む時期もありました。

痛む時期には歯医者で都度マウスピースを作成してもらい、就寝時にはめるという方法で対処してきました。

頬杖をつくクセや、姿勢が悪いなどの生活習慣にも問題あったと思いますが、これらの顎の症状にはやはり歯列・噛み合わせの悪さが大きく影響していると思います。

それでも、歯列矯正は選択肢になかった…

上記のように、私は昔から自分の歯並びが悪いことを自覚していたのですが、これまで一度も歯列矯正をしたことはありません。

中学生になり永久歯が生えそろうくらいの頃、母が一度かかりつけの歯科医に「私に歯列矯正は必要か」を相談した時、「必須というほどではない」という結論になったので、家の方針としては矯正はナシということになりました。

それ以来、ふと鏡や自分の写真(特に横顔)を見たときに歯並びの悪さが気になったことは何度もありますが、やはり矯正治療=とても高額という認識から、矯正について詳しく調べたこともありませんでした。

まとめ

私はこれまで「歯並びは悪いけど、矯正は高いから…」と諦めていました。

そんな中でみた「2万円から始められる」というキレイラインの謳い文句はとても魅力的に感じられ、興味を持ったというわけです。

次回の記事からは、実際にキレイライン矯正の初診に行った際のレポートをお届けします!

次の記事はこちら⇣

この記事を書いた人

オルソペディア編集部

オルソペディア編集部です。矯正関する知識やコラム、お役立ち情報など様々な記事をお届けします。

カテゴリー: 治療の方法特集

タグ: キレイライン マウスピース マウスピース矯正 成人矯正 矯正の種類

関連記事

東京五輪も!自然と笑顔になるミュージックビデオ三選

いよいよ東京オリンピックが開催を迎えました。この平和とスポーツの祭典に花を添えてくれるテーマ…

低価格かつスピーディー。「ウィ・スマイル矯正」ってどうなの!?

理想の口元が手に入る反面、価格の高さがネックでもある歯列矯正治療。 昨今では、そんな従来のイ…

埼玉矯正歯科院長 特別対談【後編】

これまでオルソペディアでは、「矯正歯科専門」「症例写真の掲載」など独自の基準で矯正歯科を評価…

おすすめ医院